熊谷組は高値圏で強弱感対立、信用面の取り組み妙味増す

 熊谷組<1861.T>は、高値圏で一進一退。前日にストップ高まで買われた反動で、この日は朝方売り物に押されて軟調に推移したが売り一巡後は切り返し、一時前日比13円高の260円まで買われ年初来高値を更新した。ただ、その後は再度、売りに押され前日終値近辺でもみ合う激しい値動きとなっている。午前11時時点で東証1部の出来高トップとなっている。トンネル工事に高実績を持ち東京五輪やリニア中央新幹線絡みでの需要増が材料視されている。また、26日時点の日証金ベースの貸借倍率は0.78倍と取り組み妙味が膨らんでいる。

熊谷組の株価は11時14分現在250円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)