昭電線HDが大幅続伸、リニア中央新幹線関連の低位株として短期資金が流入

 昭和電線ホールディングス<5805.T>が大幅続伸し、一時、前日比27円(26.0%)高の131円まで上昇。5月22日につけた年初来高値106円を一気に更新している。特に目新しい材料は観測されていないものの、超電導コイルの開発などを手掛けていることから、リニア中央新幹線関連の低位株として短期資金が流入しているもよう。また、同じ低位の電線株である東京特殊電線<5807.T>、沖電線<5815.T>なども動意づいており、リニア中央新幹線関連の循環物色が波及しているようだ。

昭電線HDの株価は11時20分現在118円(△14円)
東特線HDの株価は11時20分現在127円(△8円)
沖電線HDの株価は11時20分現在175円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)