中央電工が反落、14年3月期の最終利益赤字転落予想を嫌気

 中央電気工業<5566.T>が反落。26日引け後に14年3月期の連結業績見通しを最終損益で2億円の黒字予想から一転、27億円の赤字(前期10億700万円)予想へと下方修正し、併せて期末一括配当を従来予想の5円から2円50銭に引き下げたことが嫌気されている。主力のマンガン系合金鉄の市況が大きく下落していることに加えて、電力料金の上昇なども収益を圧迫していることから、鹿島工場の生産設備で減損損失約21億円お特別損失に計上することなどが要因としている。

中央電工の株価は11時24分現在328円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)