スターゼンは三角もち合い煮詰める、「断続的な逆日歩に違和感」との声も

 スターゼン<8043.T>が堅調な値動き。3月7日に年初来高値283円を示現して以降は上値が重く、三角もち合いを煮詰める格好となっている。一方で、「指値の売り物が少なくなってきた感覚がある。また、今週に入り断続的に逆日歩がつくなど違和感がある」(中堅証券)との指摘もある。14年3月期は大幅増益見通しにあり、時価のPBRは0.7倍台と割安。本社が東京品川駅港南口にあることから、ウォーターフロント関連の一角に位置付けられることも切り口となる。

スターゼンの株価は13時14分現在269円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)