<後場の注目銘柄>=エレコム、スマホ関連分野が牽引

 エレコム<6750.T>の株価は9月17日に1392円まで上昇した後に目先的な利食い売りなどで調整しているが、好実態から見直していけそうだ。

 パソコン周辺機器のファブレスメーカーで、マウスやキーボードでは業界トップを誇っている。

 収益拡大の新たな牽引役となっているのが、スマートフォンやタブレットの周辺製品。ケースカバーやモバイルバッテリーなどは、端末の普及に歩調を合わせる形で販売が拡大、円安による部材コスト増はあるものの今14年3月期は通期連結営業利益で64億円(前期比5.5%増)と増益を見込んでいる。

 いち早く投入したiPhone5s/5c対応製品の拡大も期待される。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)