【売り】キョーリン製薬 (4569) 10月はディフェンシブ銘柄が下がりやすい傾向がある = フェアトレード 西村 剛

10月はディフェンシブ銘柄が下がりやすい傾向がある
■注目銘柄
キョーリン製薬 (4569)

■注目理由
同社は、製薬会社中堅企業です。ぜんそく薬、去痰薬に強みを持っています。例年、ディフェンシブ銘柄と呼ばれる「医薬品」や「電力・ガス」関連銘柄は、何勝に推移する傾向があります。これは、ディフェンシブ株の多くが配当利回りが高く、9月末に配当権利落ち後に一時的に売りが出やすくなるためだと考えられます。過去のデータでは、同社の売り勝率は85.7%(勝ち数6回、負け数1回)となっており、同社株価も他のディフェンシブ銘柄t同様に、下がりやすい傾向が確認できる。同社の業績は、経常利益が過去最高を予想するなど堅調に推移しているが、一時的に売りが優勢になる可能性があると判断しました。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:85.71%
平均損益(率):5.16%
平均利益(率):7.9%
平均損失(率):-11.29%
--------------------------------------