児玉化が小幅続伸、低位出遅れ株として人気化

 児玉化学工業<4222.T>が小幅続伸。株価は一時、前日比13円高い116円まで買い進まれる場面もあった。100円近辺を上値としたボックス圏での値動きとなってきたが、今週に入り値動き、出来高に動意を見せている。「割安な低位出遅れ株として人気化している」(市場筋)という。成形樹脂加工大手で、意欲的な中期計画を推進中。16年3月期を最終に、連結売上高275億円(13年3月期実績211億円)、連結営業利益18億円(同5億円)の目標を掲げており、タイを筆頭としたASEAN地域での事業拡大、事業構造改革などを進めている。14年3月期第1四半期(13年4~6月)の業績進捗率も良好で、時価のPER10倍近辺は割安と判断できそうだ。

児玉化学の株価は14時16分現在105円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)