今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場はジリジリと98.50円台まで下値を切り下げました。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

9/27(金)
18:00☆(ユーロ圏) ドラギECB総裁、講演
18:45☆(米) エバンズ・シカゴ連銀総裁、講演
21:00☆(独) 9月消費者物価指数・速報
21:30 (米) 8月個人所得・支出
21:30☆(米) 8月PCEデフレーター
21:30☆(米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁、講演
22:55☆(米) 9月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
27:00☆(米) ダドリー・ニューヨーク連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

本日も経済イベントは多いです。
この他、日本の法人税率引き下げの行方や、米国の財務問題に関する与野党協議の進捗を伝える報道があれば、その都度材料視される可能性があります。引き続き、ニュースのヘッドラインに振らされる相場になりそうです。

また、週末を控えたポジション整理の動きなども出てくるものと考えられます。急な動きに対して柔軟に対応できるよう、準備をしておきたいところです。