コープケミが9月中間期業績予想を上方修正、肥料出荷が前倒しで推移

 コープケミカル<4003.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(4~9月)連結業績見通しを従来予想の売上高100億円、経常損益4000万円の赤字から、売上高105億円(前期比3.7%増)、経常損益2億1000万円の黒字(前年同期1億6500万円の赤字)に上方修正した。肥料の出荷が例年に比べて前倒しで推移していることに加えて、生産量の増加による原価率の改善などが寄与するとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)