ヒマラヤの14年8月期連結営業利益は11.7%増予想

 ヒマラヤ<7514.T>は、27日引け後に14年8月期の連結業績見通しを発表した。それによると、売上高700億円(前期比6.0%増)、営業利益28億7000万円(同11.7%増)を見込む。今期の出店についは、引き続き連結会社は成長戦略の柱として積極的出店を継続し、既出店地域におけるドミナント化を進めるとしている。店舗はヒマラヤで10店舗、ビーアンドディーで2店舗の新規出店をそれぞれ計画している。
 なお、同時に発表された13年8月期の連結決算は、売上高660億3700万円(前の期比7.2%増)、営業利益25億6800万円(同22.4%増)となった。一般スポーツ用品は、ランニングブームに代表される健康志向の高まりでシューズを中心に関連商品群が好調に推移。ゴルフ用品では、ウェア・シューズ・ボール・アクセサリーなどの周辺アイテムが順調に推移した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)