ニトリHDが今2月期売上高予想を増額、利益は従来予想据え置き

 ニトリホールディングス<9843.T>は27日、13年3~8月期の連結業績を発表した。売上高は前年同期比9.8%増の1867億700万円、最終利益は2.0%増の178億1900万円だった。前年同期と比較して天候に恵まれたほか、猛暑を追い風に、触れると冷たさを感じる涼感素材を使った「Nクールシリーズ」の売り上げが大幅に伸びて収益に貢献した。ただ、為替が前年同期比で円安に振れており、利益率の低下も表面化しており、最終利益は前年同期の21.2%増益から大きく伸び率が低下している。また、今回の決算を受けて、14年2月期通期の連結売上高の見通しを従来予想の3760億円から3840億円(前期比10.1%増)に増額した。なお、営業利益、経常利益、最終利益は円安による影響を考慮して従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)