ケーヨーは14年2月期業績予想の下方修正を嫌気、天候不順で既存店苦戦と

 ケーヨー<8168.T>が冴えない。前週末27日の取引終了後、14年2月期の個別業績見通しを従来予想の売上高1848億円、経常利益44億円から、売上高1783億円(前期比1.4%減)、経常利益31億5000万円(同26.6%減)に下方修正したことが嫌気されている。テレビCMを一新するなど販促の強化や取り付け交換サービスの拡充、品揃え枠の拡大などに取り組んだものの、ゲリラ豪雨に代表される天候不順の影響で既存店が苦戦したほか、競合激化が影響し、売上高・利益ともに減額を余儀なくされた。

ケーヨーの株価は9時16分現在469円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)