資生堂が連日の高値、SMBC日興、GS証券など目標株価引き上げ

 資生堂<4911.T>が軟地合いのなか3日続伸し連日の高値更新。この日は、SMBC日興証券が27日付で投資判断「2」を継続し、目標株価を1600円から1800円に引き上げたことが観測されている。日本の売上高見通しを引き上げたことが要因としており、同社発表の国内販売会社売上高が7月に前年同月比4%増となったのに加えて、8月も同様に好調なもようと予想。9月は前年ハードルが高いため注意は必要だが、7月以降はカウンセリング化粧品に回復感が出ているとして、14年3月期の営業利益予想を414億5900万円から435億円へ、15年3月期を同430億9400万円から456億円へそれぞれ上方修正している。また、ゴールドマン・サックス証券では今後、上期や通期の会社計画の増額修正が予想されることから、好調な株価パフォーマンスはしばらく継続する可能性が高いとして、投資判断「中立」を継続し、目標株価を1500円から1600円に引き上げており、相次ぐ調査機関の目標株価引き上げが評価されているようだ。

資生堂の株価は9時36分現在1786円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)