ハマキョウが反落、佐川グループとの株式交換と資本業務提携の中止を嫌気

 ハマキョウレックス<9037.T>が反落。前週末27日引け後に、佐川急便を傘下に有するSGホールディングス(京都市南区)の完全子会社である佐川グローバルロジスティクス(東京都品川区)との間で、10月1日付で予定していた株式交換およびSGHDとの資本業務提携を中止すると発表しており、これを嫌気する売りが相次いでいる。5月に合意・発表した提携の内容によると、ハマキョウが佐川グローバルロジスティクスと株式交換を行い佐川グローバルロジスティクスを完全子会社化するとともに、一方で、SGHDがハマキョウの株式20.0%(議決権ベース)を保有し、ハマキョウの筆頭株主となるというものだった。ハマキョウによると、SGHDおよび佐川グローバルロジスティクス側より、10月1日付で実行することは困難との申し入れがあったとしており、今回の株式交換および資本業務提携の中止となったとしている。

ハマキョウの株価は11時30分現在2866円(▼134円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)