商船三井など海運株が安い、バルチック指数続落と円高を嫌気

 商船三井<9104.T>、日本郵船<9101.T>など海運株が売りに押されている。ここ海運市況は中国や欧州景気への減速懸念後退を背景に上昇歩調にあり、これが海運株の上げに反映されていた。しかし、足もとは外国為替相場が円高・ドル安に振れていることから、ドル建て決済の海運セクターにとってはマイナス要因となっているほか、急速に水準を切り上げてきたバルチック海運指数も前週末27日時点で続落し、2046ポイントまで調整していることも目先の利益確定売りを誘ったようだ。

商船三井の株価は12時30分現在447円(▼15円)
郵船の株価は12時30分現在315円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)