萩原工業が急反落、公募増資など発表で希薄化を懸念

 萩原工業<7856.T>が急反落。前週末27日引け後に、70万株の公募増資と30万5000株の売り出し、上限15万株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施すると発表しており、一株利益の希薄化や需給悪化を懸念する売りが優勢となっているようだ。今回の公募増資などによる調達資金は最大11億940万円で、水島事業所と里庄事業所の設備投資などに充てるとしている。なお、発行価格は10月9日から16日のいずれかの日に決定するという。

萩原工業の株価は12時36分現在1404円(▼65円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)