三菱化工機が反発、水素ステーションで注目集める

 三菱化工機<6331.T>が反発、一時前日比15円高の196円まで買い進まれた。この日、千代田化工建設<6366.T>が世界初となる水素燃料の大型供給基地を建設することが報じられたことから、燃料電池車の早期普及期待から、スチームリフォーミング(水蒸気改質)型水素製造装置を中核に、昇圧・蓄圧ユニット、ディスペンサを組み込んだ水素ステーション一式のエンジニアリングを提案している同社も燃料電池車関連の一角として注目を集めている。

三菱化工機の株価は13時20分現在190円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)