カスミが後場も売り優勢、競争激化による売り上げ伸び悩み14年2月期予想を下方修正

 カスミ<8196.T>が後場も売り優勢。午後1時ごろに14年2月期の連結業績見通しを従来予想の売上高2368億円、経常利益74億円から、売上高2318億円(前期比1.5%増)、経常利益55億円(同17.6%減)に下方修正しており、経常利益で増益予想から一転しての減益予想としたことが嫌気されている。異業態を含めた競争の激化などで売上高が伸び悩むことが要因としている。
 同時に発表された第2四半期累計(3~8月)連結決算は、売上高1144億7200万円(前年同期比0.1%減)、経常利益24億2900万円(同22.4%減)となった。

カスミの株価は13時30分現在615円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)