三井海洋開発がしっかり、ガーナ沖油田向けFPSO長期傭船事業にプロジェクトファイナンス

 三井海洋開発<6269.T>がしっかり。27日に同社が進めるガーナ沖T.E.N.油田向け大水深対応FPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)の長期傭船事業に三井物産<8031.T>と丸紅<8002.T>、商船三井<9104.T>が出資すると発表したことが好感されている。傭船先は英国石油開発会社のTullow Oil Plc傘下の油田オペレーターのTullow Ghana Limited社で、三井海洋は10年間の長期傭船契約を結んでいる。融資は国際協力銀行と三井住友銀行、みずほ銀行などの協調融資によるもので、国際協力銀行がガーナで行うFPSO事業への初のプロジェクトファイナンス案件になる。

三井海洋の株価は14時22分現在3075円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)