ラサ工は波乱展開、日証金が27日付で貸株利用など貸借取引で注意喚起銘柄に

 ラサ工業<4022.T>は、前週末終値を挟んでの波乱展開となっている。朝方一時、前週末比10円安の240円まで売られる場面があったものの、後場に一転して同8円高の258円まで買われるなどめまぐるしい値動きとなっている。日証金が27日付で、貸株利用など貸借取引で注意喚起銘柄に指定した。
 信用取引の規制強化に伴って売買の自由度が制限されるとの見方があるなかで、きょうは売り買い交錯となっている。

ラサ工の株価は14時53分現在245円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)