日ヒュームが連日新値、コンクリート二次製品需要好調

 日本ヒューム<5262.T>が大幅続伸、連日の新値更新と気を吐いている。「国土強靭化」の政策テーマが追い風となっているほか、首都圏での2020年東京五輪に絡むインフラ特需も同社の手掛けるコンクリートパイルの需要拡大思惑につながっている。業績は絶好調で13年4~6月期は建築向けのパイルや下水道・貯水施設向けヒューム管が想定以上に伸びている。また、工事現場の人手不足も同社にとって追い風だ。コンクリート打設用の型枠を作り込む際の建設技能者が不足しており、パイルなどコンクリート二次製品の需要増加を加速する背景となっているためだ。

日ヒュームの株価は15時現在865円(△51円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)