日精工が14年3月期業績を増額、営業利益580億円に

 日本精工<6471.T>は30日、13年4~9月期連結業績予想の修正と合わせ、14年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表した。14年3月期の売上高は従来予想の7900億円から8400億円(前期比14.6%増)に、営業利益は490億円予想から580億円(同79.2%増)に、最終利益は300億円予想から340億円(同2.16倍)に増額した。また、これに伴い年間配当を従来予想の年12円から14円(前期実績は11円)に増額した。国内、海外ともに自動車向け部品が回復歩調を強め、外国為替市場も円安方向にあることから輸出採算の改善も寄与している。なお、今下期予想の前提為替レートは1ドル=95円、1ユーロ=125円を想定している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)