東京機械は環境対策費用などを特別損失に計上

 東京機械製作所<6335.T>は30日取引終了後に神奈川県川崎市の旧玉川製造所第一工場跡地の土壌改良のための環境対策費用など25億5000万円を今14年3月期の第2四半期(4~9月)に特別損失として計上すると発表した。経費は土壌処分費用として留保している25億円を充当するため、業績予想には既に織り込んでいるが、修正が必要な場合は速やかに開示するとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)