【買い】野村ホールディングス<8604>中間決算発表へ向けて=フェアトレード 平山 修司

好業績を期待した買いの動きに期待
■注目銘柄
8604 野村ホールディングス

■注目理由■
野村證券、野村アセットマネジメント、野村信託銀行、野村インベスター・リレーションズなどを傘下に持つ持株会社。7月26日に発表した第1四半期決算では収益合計505,270百万円(前年同期比14.9%増)、純利益65,894百万円に黒字転換したと発表。9月25日に、フィッチ・レーティングスは、同社の外貨・円建て長期発行体デフォルト格付け(IDR)を引き上げたことを発表。また、10月末には中間決算発表を控えており、好調な決算発表を見越した投資家の思惑買いが入りやすいだろう。決算発表で同社の好調な業績が再び確認されれば、さらなる株価上昇も予想される。なお、同社の10月の傾向をシュミレーションしたところ、10月初旬から下旬にかけて上昇する傾向が見られたため、買いのスタンスとした。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
------------------------------
勝率: 56.52 %
勝ち数: 13 回
負け数: 10 回
引き分け数: 0 回
------------------------------