【買い】ディー・エヌ・エー (2432) 10月株価は上昇トレンドに転じるか?現状株価は割安感を感じる水準 = フェアトレード 田村 祐一

10月株価は上昇トレンドに転じるか?現状株価は割安感を感じる水準
■注目銘柄
ディー・エヌ・エー (2432)

■注目理由
同社は、モバイルSNS「モバゲー」が主力です。ネット競売「モバオク」等の運営も手掛けています。

同社が8月に発表した第一四半期決算では、売上高521.6億円(前年同期比+9.6%)、営業利益169.9億円(同-7.6%)、当期純利益98.8億円(同-4.2%)となった。国内で新たなヒット作に恵まれなかったことや、既存ゲームの課金収入が落ち込んだことで、減収となっています。

また、ヒット作の開発に注力したために、開発費がかさみ費用が増大しています。また、8月末には、ゲーム会社15社がスマホ向けゲームの顧客開拓で連携するとの報道も伝わりました。これまで好調であった業績が若干落ち込んでいる点や、事業環境に向かい風が吹いているために、直近の同社株価は下落トレンドを形成しています。

しかしながら、悪材料が出たことで、同社株価水準はPER7.4倍まで下がっており、現在の株価水準は、割安感を感じさせる水準と考えます。同社の収益力を考えると、株価は2500円を付けてもおかしくはないと判断し、10月同社株価は再度株価上昇に向かうと考えます。10月は同社株価動向に注目したいと思います。