ユニチャームが反発、9月中間期の営業益が過去最高と報じられる

 ユニ・チャーム<8113.T>が反発。きょう付の日本経済新聞で第2四半期累計(4~9月)は連結営業利益が前年同期比1割強増え、310億円前後になったようだと報じられたことを材料視する買いが入っている。会社予想は同298億円。記事によると、東南アジアで低価格の紙おむつの販売が好調だったほか、中国で単価の高い生理用品が伸び、紙おむつの競争激化の影響を補ったという。記事通りならば、第2四半期累計としては6期連続で過去最高を更新することになる。

ユニチャムの株価は9時12分現在5740円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)