キッコーマンが堅調、4~9月期業績好調観測で

 キッコーマン<2801.T>が堅調。同社の13年4~9月期は連結営業利益が前年同期比2割弱拡大し、120億円強になったもようと1日付の日本経済新聞が報じており、これを好感する買いが優勢となった。米国や海外などでしょうゆの販売が伸びており収益に貢献している。また、2020年の東京オリンピック招致に成功した日本だが、一方で訪日観光客増加にもつながる日本食文化の世界遺産化プロジェクトを農林水産省主導で進めており、そのなかキーコンテンツであるしょうゆの海外展開に注力する同社は、関連最右翼として市場でも静かな注目を浴びている。

キッコーマンの株価は9時11分現在1798円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)