買い手控えられ続落、米株安などを嫌気

1日の株式相場見通し
1日の東京株式市場は、寄り付き前に発表された日銀短観9月調査が予想+7に対し、結果+12と前回に比べ8ポイント上昇した。
午前中には豪州小売売上高や中国9月製造業PMIなど、重要経済指標の発表が相次ぐことから、その内容を評価しての推移が予想される。

ただ、夕刻には安倍晋三首相による消費税率引き上げの決断、それと関連した経済対策の記者会見が予定されており、手控えムードが強まることが予想される。日経平均株価は、続落となりそうだ。
9月30日の米国株式市場は、大幅続落。NYダウ平均株価は、前週末比128ドル安の1万5129ドルとなった。
米議会で暫定予算をめぐる法案の与野党対立が深刻化、成立を不安視する見方が強まった。
一部の政府機関が閉鎖に追い込まれる可能性が高まり、米経済懸念して売りが優勢となった。
外国為替市場では、1ドル=98円30銭台と、円高は一服状態にある。

 日程面では、安倍首相が消費税率引上げを判断・経済対策を発表。
海外では、中国9月製造業PMI、米9月ISM製造業景況指数、米9月の新車販売台数が焦点となる。