大阪ガスが堅調、日本の都市ガス事業者で初の海外水道事業参入

 大阪ガス<9532.T>は小動きながら堅調な動き。同社は9月30日、住友商事<8053.T>が100%保有する英国の水道事業会社Sutton and East Surrey Water plc(SESW)の持株会社であるSummit Water UK Limited(SWUK)株式の50パーセントを大阪ガスの英国子会社である大阪ガスUK社(OGUK社)が取得することについて合意し、売買契約に調印したことを発表している。これにより大阪ガスが、日本の都市ガス事業者で初めて、海外での水道事業に参画することになる。同社では長期経営ビジョン・中期経営計画「Field of Dreams 2020」を掲げ、グローバルなエネルギー・環境企業グループとして発展することを目指していることから、海外への展開が期待される。

大阪ガスの株価は10時1分現在418円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)