トクヤマが3日ぶり反発、三菱UFJMSが目標株価を引き上げ

 トクヤマ<4043.T>が3日ぶりに反発した。この日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が9月30日付で、投資判断「ニュートラル」は継続しつつ、目標株価を266円から350円に引き上げたことが観測されている。合理化効果やセメントの好調などにより14年3月期の営業利益予想を111億円から150億円へ引き上げたことが要因。また、多結晶シリコンのスポット価格が低水準ながらも比較的安定していることや、半導体向けでは円高是正による相対的な価格交渉力の改善で価格下落が長期契約の範囲内にとどまったことなどとしている。

トクヤマの株価は11時30分現在392円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)