大東紡、トーア紡など繊維の材料株が急騰、PM2.5九州到達観測も手掛かり

 大東紡績<3202.T>とトーア紡コーポレーション<3204.T>が揃って急騰し年初来高値を更新している。両社とも株価2ケタであることから、低位材料株の循環物色の一環として水準訂正を狙った短期資金が流入しているもよう。また、ダイワボウホールディングス<3107.T>やシキボウ<3109.T>、日本バイリーン<3514.T>なども賑わっているが、この日朝の複数のメディアが、中国でPM2.5による大気汚染が深刻化し、今週中にもこの有害物質が日本上空に到達すると予想されると報じていることも手掛かり材料となっているようだ。

大東紡の株価は11時30分現在85円(△14円)
トーア紡の株価は11時30分現在81円(△5円)
ダイワボウの株価は11時30分現在185円(△4円)
シキボウの株価は11時30分現在132円(△5円)
バイリンの株価は11時30分現在532円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)