日揮が小幅反発、セシウム除去技術とLNGプラント建設の実績を改めて評価

 日揮<1963.T>が小幅反発。東京電力福島第1原発の放射能汚染水漏れ問題への対応を強めるなか、回転式昇華装置によるセシウム除去法が安全な除染技術として関心を集める一方、19年をメドにカナダ産シェールガスの対日輸出が実現することから、世界のLNGプラントの30%を建設してきた実績も改めて評価されているようだ。石油メジャーのシェルなどと密接な関係にあることが今後の受注に優位に働くとの見方も強い。

日揮の株価は14時33分現在3555円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)