武田は堅調、大うつ病治療剤「ブリンテリックス」が米国での販売承認取得

 武田薬品工業<4502.T>が堅調。1日に、武田薬品とルンドベック(デンマーク)は共同で米国食品医薬品局(FDA)から「ブリンテリックス」について、成人に対する大うつ病を適応症とした販売承認を取得したことを発表した。
 米国では年間の患者数が約1400万人といわれているが、同治療薬は大うつ病に対しての新しい治療剤であり、神経伝達物質セロトニン(5-HT)の再取り込みを阻害し、また、5-HT1A受容体作動作用、5-HT1B受容体の部分的作動作用などの複数のセロトニン受容体に作用すると考えられる。今回の承認により、同治療薬はこれらの薬力学的作用を併せ持つ初めてかつ唯一の薬剤となる。世界保健機関(WHO)によれば、全世界のうつ病患者は増加し続けると報告していることから、今後当治療薬の販売拡大が期待されているようだ。

武田薬品の株価は14時54分現在4625円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)