アドウェイズが急反発、「AppDriver」の東南アジア展開を好感

 アドウェイズ<2489.T>は後場プラスに転じ大幅高となっている。この日、日本最大級のスマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver(アップドライバー)」を、東南アジア全域に向けて提供開始したと発表しており、これを好感した買いが株価を押し上げた。「AppDriver」は、これまで日本や中国、台湾、韓国などの東アジアを中心に提供してきたが、近年のアプリデベロッパーのグローバル化に伴い、東南アジアの広告市場が急成長していることから、今回、東南アジア全域へ「AppDriver」の展開を拡大することにしたという。今後は、タイやインドネシア、ベトナムなど拠点を設けている地域のほか、現在拠点を設けていない他の東南アジア地域での広告配信も可能になるとしており、事業拡大による業績への寄与が期待されている。

アドウェイズの株価は14時46分現在862円(△72円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)