今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 神田卓也

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は一時98.70円台まで上昇するも、その後は失速。欧州市場に入ると、98.00円を割り込んでいます。
この後の相場について、この後の経済イベントから考えてみましょう。

10/1(火)
23:00☆(米) 9月ISM製造業景況指数
23:30 (英) デールMPC委員、講演
※☆は特に注目の材料

通常であれば、毎月初恒例の米経済指標ラッシュの幕開けとなるISM製造業景況指数が大いに注目されるところですが、米予算協議が不調に終わり、政府機関の閉鎖が確定したばかり、というタイミングでは指標に対するリアクションが取りにくいと思われます。
政府機関の閉鎖解除に向けた議会の協議が今日も続けられる公算で、そちらに視線が集中してしまう可能性が高そうです。