自動車株,住宅株の動向に注目!

自動車株,住宅株の動向に注目!
1997年の消費税増税以来17年ぶりとなる5%から8%への増税が正式に決まりました。昨年の民主党政権下での三党合意後、増税決定の可能性が高いと見られていただけに、株も為替も市場金利もかなり市場には織り込まれていましょう。一年間も準備期間があり、これは市場には十分な期間です。

既に焦点は、消費税増税による景気悪化の影響をどうカバーしていけるか?に移っております。「家計は負担が増し」、「企業は負担が軽減する」という負担のアンバランスをどう解消していけるか?が安倍政権の腕の見せ所となります。特に企業の負担が軽減することによって給料増加や雇用の増加が促され,家計の負担が軽減されていく流れをどう実現していくかが鍵を握りそうです。

これが失敗するとせっかく消費が牽引してきた今の景気が腰折れてしまいます。2015年10月の消費税増税もあきらめざるをえなくなり、安定政権が揺らぎかねません。そのため、ここはなんとしても成功させていく意気込みを強く感じさせます。危うければ、すぐさま市場は反応していくでしょうから特に12月までは動向に注視が必要です。

当然、単価の高い製品やサービスへの影響が大きく、特に自動車業界や住宅業界への影響が大きくなりましょうから、駆け込み需要、反動減、を緩和していくための政策の動向は要チェックとなりましょう。