ドル円、仕掛けづらい展開

マーケットコンディション
昨日のドル円は。98.24円で始まり、日本時間の午前中に98.72円の高値を
付ける。安倍総理からの日本の消費税引き上げ発言と、経済対策に対する
記者会見では、「5兆円規模の経済対策」も目新しいものではなく
サプライズにはならなかった。
欧州米国時間は、方向感なく98円を挟みながら方向感なく推移し98.00円で
クローズをむかえた。
ドル円、仕掛けづらい展開
安倍総理の記者会見も、織り込み済みの内容でサプライズはなし。
とは言え、大きく売り込む展開でもなさそうである。
上に行くにも、下にいくにも、何かの材料若しくは、大きな変動が
必要である。
現在、下の97.50円近辺にある買い意欲がどれくらいあるのか
また、上値では、99円越えからの100円前後での売り圧力があると言われている。
居心地のよいレベルではないので、もう少しの辛抱か。
☆戦略
様子見

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
102.50(5/24・5/28・5/29の高値50アラウンド)
101.87(93.79-98.68-96.96:エクスパンション100%戻し)
101.27(7/8の高値)
100.86(7/19の高値)
100.60(9/11の高値)
100.00
99.00

-------------------------------------------------------

97.50(9/30の安値)
97.63(8/8L95.79-9/11H100.60の61.8%)
96.81(8/28の安値)
95.79(8/8の安値)
95.58(7/8H101.53-7/11L98.27-/19H100.86の161.8%)
93.79(6/13の安値)

注)本日の予想は10月2日9:20に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。