日新製鋼HDが反発、中国浙江省での合弁会社設立で期待

 日新製鋼ホールディングス<5413.T>が反発。同社は1日大引け後に、傘下の日新製鋼が、伊藤忠丸紅鉄鋼とWorthington Industries, Inc.(ワージントン社)との間で、自動車部品用途を中心とした特殊鋼圧延合弁事業会社「浙江日新華新頓精密特殊鋼有限公司」を中国浙江省平湖市に設立することを発表している。
 新たに設立する合弁会社では、日新製鋼とワージントン社が持つ特殊鋼鋼板に関する販売力・製造技術力と、伊藤忠丸紅鉄鋼の現地事業展開ノウハウを生かして、日系および米欧系自動車部品メーカーの現地調達化ニーズなどに応えつつ、特殊鋼鋼板の現地生産・販売を行っていくもの。設立は今年12月を予定しており、中国での事業展開に期待が高まる。

日新製鋼HDの株価は9時47分現在1328円(△34円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)