住友商が続伸、米鉄鋼商社の買収を好感、シェールガス分野の事業拡大に期待

 住友商事<8053.T>が続伸。この日の朝方、米エネルギー産業向け鋼材・鋼管商社のエジェン・グループ(ルイジアナ州)を買収すると発表したことを好感した買いが入っている。
 米国に設立する特定目的会社(SPC)を通じてファンドや一般株主などから1株12ドルで全株を取得するとしており、株式取得額は5億2000万ドル。買収後、エジェン社はニューヨーク証券取引所を上場廃止となる予定。
 エジェン社は石油・ガスの生産井戸や、輸送や石油精製・発電プラントなどに使用される鋼材・鋼管をグローバルに取り扱う商社のエジェン・マーレイ社と、米国において油井管を取り扱うボウランド&レバリッチ社の2つの事業を有している。買収により「シェールガス」や海洋石油掘削などの分野での事業拡大が期待されているようだ。

住友商株価は9時46分現在1346円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)