住友鉱が反落、海外金価格は2カ月ぶり安値に下落

 住友金属鉱山<5713.T>が反落。1日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物の中心限月の12月物は前日比40.9ドル安の1トロイオンス1286.1ドルに下落。一時は1282.4ドルと8月8日以来、約2カ月ぶりの水準に値を下げた。米政府機関の一部閉鎖を受け、金への資金流入が期待されていたが、資金逃避による買いは限られたため、金先物には持ち高解消による売り物が膨らんだとみられている。これを受け、代表的な産金株である同社株には売りが流入している。

住友鉱の株価は9時58分現在1384円(▼34円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)