ソフトバンクが大幅続伸、13年ぶり高値圏を突き進む展開

 ソフトバンク<9984.T>が大幅続伸。前日約2カ月ぶりに年初来高値を更新し、ITバブル冷めやらぬ2000年6月以来の高値水準(株式分割修正値)に達したが、きょうもその余勢を駆って上値追い基調にある。ドコモのiPhone販売参入を受けて一時契約者数の流出が懸念されたが、その影響は限定的との見方が広まり、カラ売り筋の買い戻しが株価上昇を助長している。また、孫社長がティファニー銀座本店ビルを320億円で購入したとロイター取材で伝わったことも、飛ぶ鳥を落とす勢いの同社の好調を反映する話題として、株価を刺激する方向に働いているようだ。

ソフトバンクの株価は10時2分現在7190円(△230円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)