三菱電機は軟調、津山慈風会津山中央病院から新型粒子線治療装置を受注

 三菱電機<6503.T>は軟調。1日に岡山県津山市の津山慈風会津山中央病院から、がん治療に使われる新型粒子線治療装置を受注したと発表。今回受注した新型粒子線治療装置に搭載した高線量率照射やユニバーサルノズルなどの新機能は自社内検証機で薬事申請の早期取得に向けた各種試験を進めており、施設の早期稼働のため、人材育成などの立ち上げ支援も行う。粒子線治療装置による治療や臨床研究は現在、国内11の医療機関で進められており、うち9施設に三菱電機が装置を納入することになる。

三菱電機の株価は10時59分現在1027円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)