ダイハツが反落、シティ証が第2四半期営業利益はコンセンサス下回ると予想

 ダイハツ工業<7262.T>が反落。シティグループ証券が第2四半期プレビューを発表しており、第2四半期の営業利益率は4.4%と第1四半期の9.6%(営業利益433億円)を大幅に下回ると予想しており、これが嫌気されているもよう。国内での販売促進費用の増加やリコールの引き当て費用の発生(100億円弱と推定)を見込んでおり、会社予想147億円に対してはドルに対する円安効果などで上振れを見込むが、コンセンサスは下回る水準になるとしている。

ダイハツの株価は11時16分現在1852円(▼56円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)