日本株の上昇を予想

~アベノミクス三本の矢再び~
デフレ脱却が完全に見通せないうちに消費税増税を決定すること自体には反対だが、株式市場は美人投票。「増税が見送りとなれば日本の信任低下で外国人の失望売りを浴びかねない」という説を多くの人が信奉しているなら、増税を決めてしまえば少なくともその観点から売られることはない。

増税決定と同時に発表される景気対策パッケージの中身が本格的に明らかになれば、市場はサポートされるだろう。成長戦略の一環として法人税減税、設備投資促進策、戦略特区構想、規制緩和の促進などが強く打ち出されると期待する。

さらに、日銀による追加緩和が行われる可能性も出てくる。来年度予算の大型補正も当然行われる。つまり、「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」、「成長戦略」というアベノミクス3本の矢再び、である。

加えて、企業業績の上方修正余地は十分ある。5月高値の信用期日が明ける11月半ばまでは需給が悪いが、信用期日明け頃からは4-9月期決算の上方修正を受けて日本株は上昇基調が鮮明になるだろう。