東急不HDは軟調、14年3月期業績予想と自社株買いへの反応は限定的

 東急不動産ホールディングス<3289.T>は軟調。同社は東急不動産、東急コミュニティー、東急リバブルの3社が経営統合し1日に東証へ上場している。1日引け後、2014年3月期の連結業績と配当予想を発表。同期の売上高は7000億円、純利益は230億円で配当は1株当たり4円との見通しを明らかにした。また、同時に8883万6480株の自社株(発行済み株式総数の12.7%)を928億円で取得し、11日に5973万株を消却すると発表した。ただ、業績予想や自社株買いへの反応は限定的で、前日に日経平均株価採用による資金流入の期待が高まっていたことの反動もあり、この日の株価は値を下げて推移している。

東急不HDの株価は12時57分現在1022円(▼23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)