カカクコムが後場下げ幅を拡大、9月度のサイトアクセス状況の伸び鈍化を嫌気

 カカクコム<2371.T>が後場下げ幅を拡大。前引け後に9月度の運営サイトアクセス状況を発表しており、この内容が嫌気されているようだ。「価格.com」の月間利用者数は4431万人(前年同月比25.6%増)、総ページビューは9億1128万PV(同3.2%増)、「食べログ」の月間利用者数は4889万人(同24.5%増)、総ページビュー11億3008万PV(同31.4%増)となったが、8月度は「価格.com」の月間利用者数が前年同月比30.7%増、総ページビューは同5.8%増、「食べログ」の月間利用者数同32.7%増、総ページビューは同44.9%増となっており、特に「食べログ」の伸び率の急激な鈍化が嫌気されているようだ。
 また、10月1日時点の「食べログ」の有料店舗会員申込数も、2万2508店(9月2日時点比5.5%増)と9月2日時点の2万1336店(8月1日時点比18.1%増)から伸び率が鈍化している。

カカクコムの株価は13時5分現在2185円(▼126円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)