CTCは続落、野村証が投資判断を「ニュートラル」に引き下げ

 伊藤忠テクノソリューションズ<4739.T>は続落。一時、前日比170円安の3280円まで売り込まれている。野村証券が1日付のリポートで、投資判断を「バイ」から「ニュートラル」へ、目標株価を4700円から3300円へそれぞれ引き下げたことが嫌気されている。
 リポートでは「通信向けネットワーク機器の需要低迷、競争激化などに伴う粗利益率の悪化などを従来以上に厳しく織り込み、14年3月期営業利益予想を会社計画と同水準の280億円(前期比3%増益)から230億円(同15%減益)へ下方修正し、中期的にもシクリカル性が強い通信投資がピークアウトした影響を踏まえ、セクター平均をやや下回る利益成長にとどまると予想する」としている。

CTCの株価は14時36分現在3290円(▼140円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)