日経は急落したが、下値ターゲットは13,800円~14,000円か?

日経225サイクル&エリオット波動分析
天井圏:9/2-9/16
底値圏:9/11-9/23
天井圏:9/19-10/2
底値圏:9/30-10/10

タイムサイクルが漸く、少しですがはっきりしてきました。
それによると、9/11-9/23の底値圏は9/13に終了、9/19-10/2の天井圏は9/27に終了したと思われます。従って本日の下げは9/30-10/10の底値圏に向かった下げと考えられます。

一方、エリオット的には、前回2つのシナリオがあるとしました。「そのキーポイントは14953円(7/10の高値)を超えるかどうかです。」とコメントしましたが、結局14953円(7/10の高値)を上放れる動きはありませんでした。

従って、前回の「(2)14953円(7/10の高値)を超えられずにここから下がる(破線)場合は、エリオット上はe波の下げである可能性が高くなります。つまり、5/23からの下げがa-b-c-d-e波系の三角形という具合です。この場合は今回の下げの後長期上昇波に移る思われます。」

この収束三角形の特徴ですが、今回の下げで下限ラインにタッチしたり突き抜けたりはしません。従って13,800円~14,000円が下値のターゲットとなるでしょう。下限ラインにタッチあるいは突き抜けるような値動きがあった場合はリカウントが必要です。
ちなみにこの収束三角形は波動的にはX波、つまりトレンドとトレンドを結ぶ「つなぎ」波です。