<マーケットアイ> 材料株に個人の買い、主力銘柄手控えで資金シフト(1)

 きのう2日の東京株式市場は、前日に安倍晋三首相が来年4月からの消費税の引き上げと経済対策を正式表明したことを受け、〝材料出尽くし〟との見方が広がり株価指数先物先導で下げが加速。日経平均株価終値は、前日比314円安の1万4170円と、9月6日以来の終値での1万4200円割れとなった。ただ、こうした大幅反落地合いのなかでも、比較的低位な材料株が継続した買い人気を集めている。

 消費税の引き上げと経済対策を正式表明したことに対する材料出尽くし感に加え、米債務上限問題を巡る不透明感を背景とした、外国為替市場での円高・ドル安への警戒感などもあり、ここにきて主力銘柄を手掛け難い地合いとなっている。そのなかで、幕間つなぎ的に個人投資家中心に買いを集めているのがいわゆる材料株だ。

 材料株物色が継続している背景について中堅証券の投資情報部では「9月に入って、東京五輪開催決定関連、リニア中央新幹線関連など、個人投資家にも分かりやすいテーマに乗って、多くの建設株が短期間に急騰をみせるなど材料株に異彩な上昇の動きが続いた。こうした材料株の循環物色が進行するなかで、低位株中心に比較的短期間に株価が急上昇するケースが頻発し、忘れかけていた投資妙味をある程度実感できる地合いとなってきたことがある」としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)