Jマテリアルがカイ気配、10月25日付での東証1部指定と上方修正を好感

 ジャパンマテリアル<6055.T>がカイ気配で推移。2日の取引終了後、東京証券取引所と名古屋証券取引所の承認を受け、10月25日付で東証1部と名証1部に指定されることになったと発表しており、これを好感する買いが入っている。
 同社は、半導体や液晶の製造時に用いられる特殊ガス関連のビジネスが主な事業。東証1部・名証1部指定の発表と同時に、14年3月期の連結業績見通しを従来予想の売上高87億円(前期比2.0%増)はそのままに、営業利益を12億円から15億円(同44.6%増)へ、純利益を7億3000万円から9億円(同26.1%増)にそれぞれ上方修正したこともプラス評価されているようだ。徹底したコスト改善を図ったことが寄与する見通し。
 さらに、1部指定に伴い17万株の公募増資などを発表。発行価額は10月15日から17日までの間のいずれかの日に決める予定で、調達資金の手取り概算額10億8121万円(上限)については、顧客工場内に設置予定のガス供給関連設備の取得などに充当させる予定としている。

Jマテリアルの株価は9時21分現在2697円(△400円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)